産業春秋/中小の魅力発信

(2021/4/15 05:00)

「くだらないものを大真面目に作ったら面白いんじゃないか」。スタートはそんな軽いノリだったという。愛知や岐阜県の中小企業6社でつくる団体「俺らFactory Man」は中小の技術と魅力をアピールする「くだグラツアー」を愛知県で開催。今後、大阪、富山にも転戦する。

くだグラは、中小がくだらなくて笑えてしまう一品を競った昨秋の「くだらないものグランプリ」の略。「作品を地域の人に見てもらい、町工場をもっと身近に感じてほしい」(大藪めぐみ代表)との思いからツアーを企画した。

「大企業の本社で働けたらいいね」「最悪、どこもなかったらそこらの町工場でも」―。大藪さんは数年前、就活生を持つ母親同士の会話を聞きショックを受けたという。

町工場はいまだに3K(汚い、キツい、危険)のイメージが根強い。若者の町工場離れによる技術伝承にも危機感を抱く。

ある機械メーカーは育児中の社員に1日4時間からの勤務を可能にした。別の中小の社員は「転勤もなく、家族的な雰囲気」と魅力を語る。足りないのは発信力。くだグラのような活動が種火となって全国に広がり、中小の魅力を伝える大きな勢いとなることを願いたい。

(2021/4/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる