産業春秋/ミツバチと温暖化

(2021/4/16 05:00)

採蜜の季節が近い。ニセアカシアの花から採取するアカシア蜂蜜は「蜂蜜の女王」と呼ばれる。透明に近く淡泊なことから、料理や飲み物などに広く利用されている。

玉川大学教授で養蜂学が専門の中村純さんによると、温暖化の影響でニセアカシアの花が早く咲きだし、トチノキの開花時期と重なるようになった。蜂蜜が混ざり合い、アカシア蜂蜜を主力にしている東北地方の養蜂家には痛手という。

授粉の時期もズレが生じている。山梨県内では例年より半月ほど早くリンゴの開花が始まった。蜜蜂を花粉交配用に貸し出す養蜂家は、スケジュールの調整に頭を痛めている。

中村さんは農地を維持するため、種苗メーカーなどと甲府市内で耕作放棄地を花畑にするプロジェクトを進めている。交配用の蜜蜂を生産し、桃やサクランボの果樹農家に役立ててもらう。

蜜蜂にとって脅威になりそうなのは二酸化炭素濃度の上昇だ。花粉中の糖が増える一方で、たんぱく質は減ることが実験で判明している。花粉を栄養源にして育つ蜜蜂は、たんぱく質不足に陥り、個体数の減少につながる懸念が指摘される。養蜂家や蜜蜂に押し寄せる異変は、人間社会への警告と受け止めたい。

(2021/4/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる