産業春秋/海洋プラゴミ問題

(2021/4/20 05:00)

日本は領海を含む排他的経済水域の総面積が、約447万平方キロメートルに及ぶ世界第6位の海洋国家だ。その日本を含めた世界の海をむしばむプラスチックゴミ問題が、国際的に深刻さを増している。

海中に漂い、カメや大型魚がエサと間違って捕食したり、微細なマイクロプラスチックとなり、魚や貝の体内に蓄積され、人間が食べることで人体に影響を及ぼす可能性など、多くの弊害が指摘されている。

「無味無臭で見えない敵との戦いで、気がついた時には相当汚れている」。世界最高峰のヨットレース「ヴァンデ・グローブ2020」で、アジア人初の完走を遂げた白石康次郎選手は、海洋プラゴミ問題にこう警鐘を鳴らす。

白石選手は同レースの中で、海洋中のマイクロプラスチック調査研究に協力。海洋調査船などが航行しない海域のマイクロプラスチックのサンプルを採集し、帰国後、海洋研究開発機構(JAMSTEC)に提供した。

今後、同機構で分析し、海洋汚染の現状を把握した上で対策を練っていくという。白石選手は「セーリングチームとしてその一翼を担いたい」と意欲的だ。海洋国家として、日本発の海洋環境保全対策作りにつながることに期待したい。

(2021/4/20 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる