産業春秋/安部公房さんのメッセージ

(2021/5/4 05:00)

今からちょうど70年前、1951年の芥川賞は激論の末、安部公房さんの『壁』が受賞した。27歳の新人。後に「ノーベル文学賞に最も近い日本人」と称された同氏の、実質的なデビュー作だ。

受賞作の冒頭をかいつまんで紹介すると、主人公はある日突然名前を失う。身分証明書や手紙の宛名にも名前は記されていない。身に覚えのない裁判にかけられ、帽子や上着、靴などが人格を持っているかのようにしゃべり出す…。

当時の日本文学とは一線を画するシュールな作品。芥川賞審査員の意見は割れたが、川端康成氏の強い推しで決まった。

安部さんは多趣味で最新テクノロジーへの造詣も深かった。カメラの腕前はプロ顔負け。自著にも相当数採用された。初期のワープロを日本人作家としては初めて執筆活動に採用したことでも知られる。NECのワープロ「文豪」の開発にも協力した。黎明(れいめい)期のシンセサイザーを購入し、自宅で楽しんでいたという。

安部さんは1993年に惜しまれつつ逝去した。安部文学のキーワードは「不条理」「不安定」「疎外」など。コロナ禍で混沌(こんとん)とする世界。安部さんが存命ならこんな世の中にどんなメッセージを発するのだろうか。

(2021/5/4 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる