産業春秋/新型のアナログ式計算機

(2021/5/11 05:00)

太陽の日周運動を利用して時刻を測る日時計は、最古のアナログコンピューターといわれる。紀元前3000年ごろには既に使われており、旧約聖書にも「見よ。わたしは、アハズの日時計におりた時計の影を、10度後に戻す」とある。

10年前の5月11日、カナダのDウエーブ・システムズが世界初の商用量子計算機を発表した。量子アニーリングで組み合わせ最適化問題の一つである「スピングラス問題」を解くこのコンピューターもアナログ式だ。

夢の量子計算機を実現したインパクトは絶大で、米グーグルや米航空宇宙局(NASA)などが相次ぎ導入した。現在の計算機はすべてデジタル式だが、Dウエーブは歴史あるアナログ式に目をつけた。

日時計が太陽光の入射角しか測れないように、量子アニーリングマシンもスピングラス問題しか解けない。それが弱みでもあるが、逆に言えば、この問題に置き換えられればどんな問題でも解ける。

ちなみに計算尺はアナログ、そろばんはデジタルだ。新型マシンの量子ビット数は5000個と従来の2・5倍に増強された。デジタルだからハイテクとは限らない。物理量をそのまま測るアナログ式計算機は今なお革新を続ける。

(2021/5/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる