産業春秋/トヨタ技監の想い

(2021/5/12 05:00)

トヨタ自動車が静岡県裾野市に作る実験都市「ウーブン・シティ」にENEOSが水素供給インフラを構築する。このニュースに触れ、ある人を思い出した。トヨタの元技監、渡辺浩之氏だ。

1990年代後半のある日、ハイブリッド車(HV)の開発動向を聞こうと、専務だった氏の自宅を訪ねた。HVは二酸化炭素(CO2)削減と排ガス対策の切り札と言われていた。だがほどなく話題は水素に変わった。

「本当に目指すべきは水素社会。全国の各家庭に水素パイプラインを巡らせ自宅の燃料電池で発電する。車も燃料電池車。水から作る水素は無限で、うまくすれば完全にCO2フリーにできる」。

さらに「これ以上気温が上がると北極圏の氷が溶け低い都市は水没、日本は亜熱帯になり巨大台風に襲われる。もし阪神大震災が原発近くで起きたら…。災害に強いインフラは地下パイプライン、都市ガス網を利用できる」。

貴重な話も十分に理解できず記事にしなかった。その後、氏はITSジャパンの会長となり高度道路交通システムの普及に尽力、16年に73歳で亡くなった。酒を愛した九州男児、今回のニュースに「遅いぞ」なのか「ここまで来たか」なのか聞いてみたい。

(2021/5/12 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる