産業春秋/梅雨の薫風

(2021/5/18 05:00)

「風薫る」は夏の季語。一般に5月の枕詞(まくらことば)のように使われることが多いが、俳諧では初夏に限らず三夏としている。つまり雨がちの時分も酷暑も対象になる。

「天高く」と形容される秋の空気は、さわやかに澄んでいる。それに比べて夏の風はみずみずしく、匂いやかだ。ムっとする草いきれも、川面を吹く涼風も、生気に満ちた薫りを運んできてくれる。

5月から6月にかけ、業界団体や企業が総会シーズンを迎える。新トップの登場というケースも少なくない。交代理由を「若返り」とすることが珍しくないのは、やはり新風が吹き込むことを期待しているからだろう。

唐の文宗は、人々が炎熱に苦しむ中で夏を愛し、長く続くことを願った。時の詩人が皇帝を称(たた)え、南より来たる薫風は心地よいものだと詠んだ。このエピソードは後世、庶民の苦しみを忘れた思い上がりとして批判された。

近畿・東海地方以西が記録的に早く梅雨入りした。関東以北も雨がちな予報が続く。気持ちのいい初夏が幕を閉じ、季節は2度目の“コロナの夏”へうつろう。防衛省のワクチン接種受け付けも始まり、高齢者への接種が蒸し暑さの中、本格化する。深呼吸、マスクの向こうに風薫る―。

(2021/5/18 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる