産業春秋/皆既月食に吉兆の願

(2021/5/25 05:00)

中世の人々は、月食を凶兆ととらえていたらしい。夜空に浮かぶ月を愛(め)で、月明かりに頼る暮らしでは、原因がわからない月の急変を良からぬことの前兆と感じたのは無理もない。

あす26日は、全国で貴重な皆既月食が観測できそうだ。地球に最接近した「スーパームーン」が地球の影に入り赤銅色に変わる。今でこそ天体ショーとして楽しめるが、鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』には月をむしばむ「月蝕」とある。

科学万能の現代でも、原因不明の現象を恐れる心理は変わらない。さすがに日本では月食を凶兆ととらえることはなくなったが、自然界には科学的に解明されていないことがあまたある。

新型コロナウイルスとの闘いは、感染力の強い変異株が優勢となり、新たな段階に入った。緊急事態宣言により人流を抑制しても、感染拡大に歯止めがかからない。変異株の急拡大は現代の月蝕をみる思いだ。

国立天文台によると、スーパームーンの皆既月食を日本で観測するのは1997年以来24年ぶり。次回は2033年10月8日になるという。人類がコロナを克服し、一人でも多くが天体ショーと再会できるように―。今回の皆既月食は吉兆と願わずにはいられない。

(2021/5/25 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる