産業春秋/陸上男子100メートル

(2021/6/24 05:00)

五輪の花形種目の一つ、陸上競技男子100メートル競走。日本代表3枠をめぐってハイレベルの争いが繰り広げられる。10秒05の参加標準記録をクリアし、25日が決勝となる大阪・ヤンマースタジアム長居での日本選手権で3位以内に入った選手がその座をつかむ。

標準記録は6日、9秒95の日本新記録を出した山県亮太選手を筆頭にすでに5選手が突破。自己記録9秒台も4人で日本短距離史上最高の勝負の場となる。

開催地の大阪府は緊急事態宣言からまん延防止等重点措置に移行した。これに伴い日本選手権は観客上限が5000人に。声援はなくとも拍手や手拍子は選手への後押しになる。公認記録となるのは追い風2・0メートル以内。風の状況次第だが、好記録が生まれるのは間違いなさそう。

山県選手はセイコーホールディングス、桐生祥秀選手は日本生命保険、小池祐貴、多田修平両選手は住友電気工業にそれぞれ所属する。各社ともコロナ禍の中、選手が競技に集中できる体制を支援してきた。

100メートルの準決勝は24日19時30分頃、決勝は25日20時30分に号砲の予定。出社者も在宅勤務者もこの2日間は早々に仕事を切り上げ、瞬きする間もない真剣勝負を見届けたい。

(2021/6/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる