産業春秋/防衛白書のホンネ

(2021/7/22 05:00)

「“脅威”とは能力と意図の両方がある場合の評価だ」―。防衛省首脳の冷静な口ぶりに、日本の安全保障が直面する困難を感じた。

先ごろ閣議報告した2021年版防衛白書は、米国と中国の対立分析に力を注いだ。米バイデン政権が「インド太平洋における軍事プレゼンスを最重視する」と表明し、中国と長期に対抗する姿勢を鮮明にしたと評価。新たに「米中関係」の節を設け、台湾に対する「中国の野心」にも言及した。

中国に対する分析は「透明性を欠いたまま高い水準で国防費を増加」「軍事利用が可能な先端技術の開発・獲得にも積極的」と警戒。また尖閣諸島の周辺海域での活動に対して、初めて「国際法違反」の表現で非難した。

しかし中国の総体的評価は昨年と同じ「強い懸念」。北朝鮮の「重大かつ差し迫った脅威」とは落差がある。なぜかと問われた答えが冒頭の発言。笑顔を絶やさぬ今の中国に、武力侵攻の意図があると見ることはできないというわけ。

産業界は政治的対立にかかわらず、経済交流の維持・拡大を望んでいる。しかし、白書の行間ににじむ防衛当局のホンネを前にすると、ずっと“政冷経熱”を続けることの難しさを感じざるを得ない。

(2021/7/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる