産業春秋/がん治療の新技術

(2021/8/5 05:00)

がん治療中の知人に見舞いのつもりで電話をしたら、放射線治療の後で「気分が悪く会話に集中できない」と絞り出すような声が返ってきた。副作用について理解が足らない自分を恥じた。

横浜市立大学医学部講師の梅村将就さんは、特定周波数の交流磁場による物理的な刺激で、がん細胞が小さくなることを発見した。マウスによる実験の域を出ていないが、将来は治療装置を開発し「血液透析のようにクリニックでがんの外来治療ができるようにしたい」と話す。

特定周波数の交流磁場を当てると、がん細胞の代謝が乱れるからでは―科学技術振興機構(JST)はこの技術の将来性を評価し、2020年度創発的研究支援事業に採択した。梅村さんは今後、課題であるメカニズムの解明に挑む。

技術が確立すれば治療は1時間以内で済み、患者の生活の質を高める効果が期待できるという。薬剤を使わず磁場だけで治療するため医療費の抑制につながる可能性もある。

がん治療で苦しむ患者に医療はどこまで寄り添えているか。近所のクリニックで外来治療が受けられたら、患者の心身の負担も軽減するだろう。内科医の臨床経験を生かし、患者に優しい医療を実現してほしい。

(2021/8/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる