竹中工務店、四足歩行ロボ自動巡回で現場管理業務10%減

(2021/9/15 05:00)

竹中工務店と竹中土木(東京都江東区)は14日、米ボストン・ダイナミクス製四足歩行ロボット「Spot(スポット)」の実証実験で、建設現場の自動巡回と遠隔操作による業務支援機能を実現したと発表した。3DLiDAR(3次元レーザー測域センサー)や高性能カメラなどを活用することで、工事の記録写真撮影や進捗(しんちょく)管理、資機材の配置管理など現場管理業務が約10%削減することを確認した。

  • Spotによる自動巡回

実証実験では、3次元レーザー測域センサーを使用し、全天球撮影カメラを搭載したスポットがスロープや階段を利用し自動巡回しながら、工事進捗管理や資機材管理に活用する写真データを取得できることを確認した。

また、360度カメラや首振台座付きタブレット端末、小型プロジェクター、通話装置と、それをコントロールする小型コンピューター・バッテリー、遠隔通信に対応する「LTEモバイルルーター」を採用。遠隔地のオペレーターがパソコン、専用コントローラーを操作し、スポットが建設現場内を自由に移動しながら作業できることも確認した。今後、ユニット化することで、利便性を向上させたオペレーションシステムの開発を目指す。

竹中工務店と竹中土木は2020年12月、スポットの実用化に向け鹿島と3社で共同研究を開始した。今回の成果を3社で共有し、建設現場の働き方改革実現や先進技術の導入を促進する方針。

(2021/9/15 05:00)

建設・生活・環境・エネルギー1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる