型技術10月号/生産支援のためのデジタル技術

(2021/9/15 05:00)

 日刊工業新聞社が16日に発行する「型技術10月号」は「ポストコロナの時代に求められる 生産支援のためのデジタル技術」を特集する。製造現場のデジタル技術の活用目的を①生産現場の「見える化」②設備の故障予知・メンテナンス頻度削減③技能伝承・教育に分類。それらを実現するソフトウエアやサービス、取り組みを紹介した。

 総論は、日産自動車が「コロナ禍でモノづくり向けデジタル技術に何を求めるか」について執筆した。自動車メーカーの製造現場の課題を踏まえ、同社栃木工場でのデジタル技術の活用状況を紹介。今後は人工知能(AI)や仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などへの期待が大きいという。

 事例では、製造現場向けIoT(モノのインターネット)基盤の活用による生産性向上や図面管理システムによるペーパーレス化の取り組み、遠隔から加工機や成形機の状況を把握して行うリモートメンテナンスの現状などを紹介した。また、「説明できるAI」を用いた若手育成の取り組みや、動画マニュアル作成を容易にするソフトの活用例も取り上げた。

(2021/9/15 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる