社説/大阪でIR事業者決定 ビジネスでも価値ある施設を

(2021/10/7 05:00)

カジノだけでなく、ビジネスの場として発展させるべきだ。

カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指す大阪府・市は、米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体をIR事業者に選んだ。初期投資で約1兆円を計画する大阪IRが実現すれば、「大阪・関西万博」に続き関西経済を発展させる起爆剤となる。ただコロナ禍で一部施設は規模縮小するなど、不透明感も漂う。

提案では、2025年開催の万博と同じ夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)を会場に、総延べ床面積約77万平方メートルの複合施設を20年代後半に開業する。カジノ施設以外に国内最大級の総客室数約2500室を有する三つのホテル、世界水準のエンターテインメント施設、6000人超収容の国際会議場などが設けられる。年間売上高は約5400億円(うちカジノ分は8割)で、大阪府・市はカジノの納付金や入場料で年間約1100億円を事業者から受け取る。

残念なのは、経済界などが期待する展示施設の規模縮小だ。コロナ禍の影響から大阪府・市は求める展示施設の面積を当初の10万平方メートル以上から2万平方メートル以上に引き下げ、連合体の提案は2万平方メートルに収まった。将来拡大の余地はあるが、IR誘致を訴えてきた関西経済同友会は今回の事業者選定を歓迎しつつ、「早期に10万平方メートル級の展示施設を含む大規施設の整備を」とするコメントを出した。

世界で通用するビジネス都市の条件として集客力ある会議場や大型展示施設は重要だ。大阪の既存施設「インテックス大阪」(同住之江区)は総展示面積が約7万平方メートルあるが、施設老朽化や集客力の問題で大型展示会開催は減少傾向にある。コロナ禍が収束すればリアルの展示会の需要が高まるのは必至だ。

国民のカジノへの拒否感はまだまだ強い。だからこそ、IRをカジノだけでなく家族が楽しめる娯楽拠点やビジネスの場として成功させることが重要だ。IR事業者の連合体には複数の関西企業の参画も目指す。ビジネスで価値の高い施設となるよう計画を磨いてもらいたい。

(2021/10/7 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる