産業春秋/未踏に挑む人材育成

(2021/10/18 05:00)

 日本の新型コロナ関連論文の出版数は世界16位(10月1日現在)と聞いて衝撃を受けた。得意分野でないとはいえ、世界の注目度はおろか、危機対応でも心もとない。首位の米国と2位の中国はケタ違いの本数だ。

 「大学は競争過多のため予算が取りやすい短期的な研究に流れがち。野心的なテーマを構想する力が弱くなっている」と危惧する研究者は多い。修士から博士課程へ進む理系人材は1割程度に減った。

 米プリンストン大学上級研究員で気象学者の真鍋淑郎さんが、ノーベル物理学賞受賞決定後の会見で語った「米国は自分のやりたい研究を好きなようにやれる」という発言は、日本の研究環境の息苦しさの裏返しに聞こえた。

 真鍋さんは「好奇心に駆られた研究が以前よりますます少なくなっている」と、日本の課題を鋭く指摘した。研究者が好奇心を持続できる環境が不十分では、頭脳流出はやまず、科学技術立国の将来は危うい。

 今年は日本人初の受賞者、湯川秀樹の没後40年。博士は多くの優秀な物理学者を育て、生物学や天文学などとの境界で新しい芽が出ると「大事だからやってみたら」と学生らの背中を押した。未踏に挑める研究環境の整備が急がれる。

(2021/10/18 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる