産業春秋/潜水艦の名前

(2021/10/20 05:00)

先ごろ川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)で進水した海上自衛隊の潜水艦は『はくげい』と命名された。漢字なら『白鯨』で、2022年度末に就役の予定。

米国の最新空母『ジョン・F・ケネディ』をはじめ、諸外国の軍艦には国の勲功者の名を付けるケースがある。対して日本は明治以来、人名を使わない。一説には「沈没した時に、名前の由来となった人の家族や子孫に申し訳ない」という理由とか。代わりに地名や天象気象、瑞祥動物などを冠する。

海自の潜水艦の場合、『おやしお(親潮)』型は『うずしお』『たかしお』など11隻が「潮」を使う。同様に『そうりゅう(蒼龍)』型は12隻すべてを「龍」で統一する。

『そうりゅう』『しょうりゅう(翔龍)』とよく似た艦名も。「聞き間違えませんか?」と艦長に尋ねたら「(隠密行動が使命の)潜水艦は無駄な音は発しません」と返された。

『はくげい』は最新鋭の『たいげい(大鯨)』型の2番艦。旧帝国海軍で先例のある『迅鯨』『長鯨』なども取り沙汰されたが、結果として高名な米国小説を思わせる名になった。艦体が白く塗られることはないだろうが、潜水艦らしく“ひっそり活躍”してくれるだろう。

(2021/10/20 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる