社説/原油高騰に補填措置 激変緩和、実効性に疑問も

(2021/11/23 05:00)

緊急対策だけではなく、国際協調による価格安定と長期的な省エネルギー政策が重要だ。

経済産業省・資源エネルギー庁は、最近の国際的な原油価格の高騰に対する激変緩和措置を決めた。ガソリンの市販価格が全国平均で1リットル当たり170円を超えた場合、最大5円を政府予算から補填(ほてん)する。

最初の170円から月ごとに1円ずつ切り上げる。年内に制度をスタートし、3月までの時限措置とする。短期間かつ限られた補助であり、あくまで市場が原油高騰を受け入れられるまでの措置という。

特徴的なのは直接、ガソリン販売店に支給するのではなく、石油元売りの卸価格への補助金としたことだ。元売りの直営以外の販売店が店頭価格を下げない可能性もある。エネ庁はすべての販売店で価格をモニタリングするというが、実効性は乏しいと言わざるを得ない。

原油価格の急騰は、コロナ禍で傷ついた国内経済に打撃を与える恐れがある。これに何らかの手を打つ必要を感じたことは理解できる。しかし新制度は複雑で、テクニカルに過ぎるきらいがある。国民や産業界への周知が行き届くかどうかは不透明だ。石油業界からは突然の施策に困惑する声も聞かれる。

農漁業や運輸業、北海道など暖房が重要な地域では経産省の新制度と別の公的支援があり、補正予算で手当てする予定。また、この制度が補助するのはガソリンと軽油、灯油、重油だけで、電力やガスなどは対象外だ。不公平感はぬぐえまい。

政府が取り組むべきは、短期的には各国と協調して産油国に増産を要望し、国際価格の安定を図ることだ。また原油の国内備蓄の一部を需給対策として利用する仕組みを準備することも考えられよう。すでに備蓄放出の一部情報が、原油先物価格の低下に影響している。

とはいえ市場価格を、長期的に国がコントロールすることはできない。化石燃料から再生可能エネルギーへの転換や省エネルギー対策をこれまで以上に重視し、原油価格の変動に強い社会を構築していく必要がある。

(2021/11/23 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる