日本産業広告賞/喜びの声

(2021/11/25 05:00)

 第56回日本産業広告賞では防災、環境問題への取り組み、働き方改革やデジタル変革(DX)に関わるソリューションを訴求した作品など、時代を反映した広告作品が多数見られた。いずれもハイレベルな作品が各部門の上位に入賞した。(総合1参照)

新聞部門第1部第2席

アネスト岩田・深瀬真一取締役 地球環境に配慮

 国連の持続可能な開発目標(SDGs)の観点から、地球環境に配慮したオイルフリー式コンプレッサーを普及させていくという強い方針を表現した。受賞を励みに、活動を推進していく。

新聞部門第3部第1席

三木プーリ・三木康治社長 原点に立ち返る

 世の中を揺り動かす新型コロナウイルス感染症の大流行が起こり、原点に立ち返って本質的な信頼の大切さを訴求した。当社のアイデンティティーを再認識する機会にもなった。

新聞部門シリーズ第1部第1席

椿本チエイン・西田努経営企画室長 動き支える

 社会の動きが止まる中、当社ならではのメッセージ発信にこだわった。どんな時代も「動かす技術」で社会の動きを支え続けるという、当社の決意を込めた広告を評価いただき光栄だ。

新聞部門シリーズ第2部第1席

文化シヤッター・潮崎敏彦会長 認知度向上へ

 多大な評価をいただいたことに感謝する。当社は気候変動への適応として、浸水被害を最小化する止水商品に力を注ぐ。今後も産業広告を活用し、止水商品の認知度向上に努めていく。

雑誌部門第1席

日立ハイテク・五十嵐真人アナリティカルソリューション事業統括本部事業管理部専門部長 見つめ直す機会

 本賞へのエントリーは、産業広告としての表現のあり方を見つめ直す良い機会。今後も良い広告作りのため研さんを重ねる。

情報誌部門第1席

安川電機・桐野博士モーションコントロール事業部サーボドライブ開発部部長 顧客視点重視

 シリーズが誇るセンシング機能を、ミツバチの伝え、導く習性を用い表現した。今後もお客さま視点重視の製品開発にまい進していく。

(2021/11/25 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる