産業春秋/ポインセチアの花言葉

(2021/11/29 05:00)

クリスマスシーズンを鮮やかに彩るポインセチア。全国有数の生産地、埼玉県では出荷が最盛期を迎えている。

県北の生産者で構成する「児玉郡市ポインセチア研究会」によると、2020年はコロナ禍の「巣ごもり」でホームセンターでは小さな鉢がよく売れた。市場規模は19年比で2割ほど増加したとみる。

ポインセチアは嗜好(しこう)品のため個人消費の景況を映し出す。21年は経済活動の再開により昨年ほどの巣ごもり需要は期待できないうえに、ホテルや飲食店など業務用が振るわない。

市場規模は昨年より約2割減少するとの見方も。そこに重油の高騰や肥料の値上げが追い打ちをかける。生産者は温室の加温時期を遅らせたり、納入先に値上げを要求したりするなど経費増の抑制に努めてきた。

原産地のメキシコでは赤く星形に色づく自生のポインセチアをクリスマスに「ベツレヘムの星」に似せて飾っていた。19世紀、米国駐メキシコ大使のポインセットが気に入り、園芸化されたのが始まり。「元気を出しなさい」との花言葉の通り、在宅時間の長期化で単調になりがちな暮らしに彩りを添えてきた。クリスマスが終わると枯らしてしまうのは申し訳ない気持ちになる。 

(2021/11/29 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる