産業春秋/災害への備え

(2022/1/17 05:00)

 「突然大災害に見舞われても、被災者が『自助・共助』の心で避難生活を送れるようにしたい」。神戸市長田区の靴メーカー、KEiKAコーポレーション社長の山本景化さんが、段ボールベッド「ひらいてポン」を開発したのは、阪神淡路大震災の避難所での原体験からだ。

ひらいてポンは、飛び出す絵本から着想を得た。あらかじめ段ボールを組み合わせてあり、収納時は平らで、開くと簡単にベッドになる。

さまざまな防災関連の展示会で披露したところ、自治体関係者から「こういうものが欲しかった」と絶賛されたという。

ただ、山本さんには気がかりなことがある。「購入してもらった製品は大きな防災倉庫にしまわれている。災害時に避難所まで届けられるのか。避難所に備蓄して地域の方が訓練でベッドを組み立てたり、非常食の体験ができるようにしておけばいいのに」。今の自治体の“備え”に不安を覚えている。

南太平洋トンガで発生した大規模火山噴火が起点となり、16日未明、日本の太平洋沿岸の広域に津波警報・注意報が出された。またも不安の夜を避難所で過ごした方々がたくさんいた。災害の絶えない日本。備えの大切さを改めて心に刻みたい。

(2022/1/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる