社説/入国者の上限5000人に もう一段の規制緩和が必要だ

(2022/3/1 05:00)

科学的根拠に基づかない水際規制を続けることは、日本の国益を損ないかねない。

政府は「オミクロン株」流行に伴い実施していた水際規制措置について、きょうから日本人を含めた入国者の上限を1日当たり3500人から5000人に引き上げる。

経団連や在日米国商工会議所、欧州ビジネス協会などが緩和を求めていたことに応じたものだ。ただ、5000人はいかにも少ない。例えば在留資格の事前認定を受けていながら、日本へ入国できていない外国人留学生は、2021年末時点で約15万人いる。このままでは4月の新年度に間に合わない。

留学生の中には日本への留学を諦めて、他国に行く人も出てきている。日本で学びたい〝知日派人材〟を失うことは日本の将来にとってもマイナスだ。

ビジネスにおいても契約が延期になったり、エンジニアが来日できずに設備の稼働が遅れるなど、日本企業にとっても悪影響が及んでいる。技能実習生が来日できないことは、当人にも受け入れる日本の中小企業にとっても機会損失となる。

そもそも岸田文雄首相は先進国で最も厳しい水際規制をとるのは、オミクロン株の特性を見極め、適切な対応策を講じるための時間稼ぎと説明していた。

すでに対応策は明確だ。ワクチンの3回目接種の加速と、高齢者、中でも高齢者施設でのクラスター発生阻止である。国内で新規感染者が多数いる状況で水際規制だけを強くしても意味はない。日本のちぐはぐなコロナ対策は、海外から〝鎖国〟ともやゆされている。

海外では厳しい入国規制をとってきた豪州も、ワクチン接種などを条件に、すべての国から外国人の受け入れを再開した。ビジネスや留学だけでなく観光客も対象としている。ニュージーランドも緩和方針を表明している。

このままでは先進国で日本だけが世界に閉じた国となってしまう。ワクチン接種を前提とするなど、合理的な条件のもとで、さらに踏み込んだ規制緩和に乗り出すべきだ。

(2022/3/1 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン