産業春秋/中小企業だからできる避難者支援

(2022/4/12 05:00)

「中小企業だからできる支援がある」。認定NPO法人、難民支援協会(東京都千代田区)で就労支援にあたる可部州彦さんは、ウクライナからの避難者の受け入れで、中小企業の役割が大切と説く。

難民支援の経験から地場企業の従業員であることが地域社会に溶け込む第一歩になるという。日本では「どこで働いているか」からコミュニケーションが始まる。社長の顔が見える企業なら周囲は安心感を持って接してくれる。

受け入れ企業は姿勢が問われそうだ。避難者支援で社会の役に立ちたいという熱意は大事だが、就労後のミスマッチは防ぎたい。「戦力になるかどうかを見極め、ビジネスライクで採用を」と話す。

避難者は心と体を癒やす時間が欠かせない。受け入れ企業は戦火を潜り抜けてきた避難者の特殊事情にも配慮がいる。心のケアが必要なら行政の協力を得て専門機関につなぐ対応も心得ておきたい。

政府の受け入れ表明は素早かった。ここは1人でも多くの避難者が「日本に来て良かった」と思えるように官民が力を合わせる時だ。可部さんによると、定着率の高い企業には共通点がある。「避難者の困りごとに寄り添い、さん付けで名前を呼んでいる」。

(2022/4/12 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン