産業春秋/ノーヒット有りラン

(2022/6/27 05:00)

オールスター前だというのに、今年のプロ野球は千葉ロッテの佐々木朗希投手による今世紀初の完全試合を含めて4度のノーヒットノーランを記録した。他に延長で完全試合を逸した試合もあり“好投手のシーズン”として語られよう。

偉業の値打ちが変わるわけではないけれど、回数が多いと驚きが薄れるのも事実。ショーとしての珍しさなら無安打有失点試合―通称「ノーヒット有りラン」の方が格段に上だろう。日本野球では半世紀以上もお目にかかっていない。

四球に盗塁、失策に犠打で1失点という流れは時折、起きる。その不運にノーヒットの好投が重なる確率は確かに低かろう。球史には「有りラン」の敗戦試合もあるそうなので、スポーツの成績とは面白い。

企業の経営成績に例えるなら、ノーヒットノーランはさしずめ営業利益や経常利益、当期純利益などの「六つの利益」をすべて黒字にすることだろうか。当たり前のようで意外に難しい。

営業利益では好投しても、思わぬ特別エラーの営業外損失が「有りラン」。それで当期赤字なら「被安打ゼロ敗戦」に転落だ。しっかり守りを固めて、多くの企業がノーヒッターになる「好業績のシーズン」を現出したい。

(2022/6/27 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン