社説/22年版通商白書 進む分断、共通の価値見いだせ

(2022/6/30 05:00)

対立に縛られず、関係を結ぶことが求められる。

政府の2022年版通商白書は、ロシアのウクライナ侵攻を踏まえた現状を「冷戦後かつてないほど経済的分断への懸念が高まっている」と分析。自国中心主義や経済安全保障の重視が「国際経済秩序の歴史的転換点となる可能性」を指摘した。

以前から世界貿易機関(WTO)体制での自由貿易の限界が指摘され、2国間の自由貿易協定(FTA)や多国間経済連携による事実上のブロック経済化が進んできた。ウクライナ危機で、この分断がより鮮明になったということだ。

同時に白書は、新興国・途上国の多くはロシアに対して経済制裁などを控え、中立的な政策を示しているとしている。エネルギーや食糧に加えて、途上国はロシア産の肥料にも大きな部分を依存している。米欧主導の制裁は、先進国と途上国の南北問題につながる恐れがある。

こうした地政学リスクの高まりの一方で、「共通価値」が通商の重要課題として浮上した。気候変動への対応や人権・労働・民主主義などの価値観が、新たな国際ルールになりつつある。白書は「共通価値の可視化とサステナブルなグローバルバリューチェーンの構築」の必要性を強調している。

分断の一方で、こうした共通価値が台頭していることは企業行動でも重要だ。経済産業省幹部は「賢くアプローチしなければならない」と話す。

例えばインドは自由経済だが、米ロいずれかの陣営に色分けされることを嫌う。東南アジア諸国連合(ASEAN)にはベトナムなどロシアと関係の深い国が多く、シンガポールを除けば経済制裁に加わっていない。

しかし、そうした国も脱炭素や持続可能な循環経済には賛同しており、また中国との関係など、地域の安全保障問題にも敏感だ。日本としては、個々に可能な範囲で共通の価値を見いだし、貿易や投資を続けていかなければならない。

個々の企業にもまた、そうした賢さが求められる。政府の適切な情報提供に期待したい。

(2022/6/30 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン