産業春秋/企業博物館から伝わる文化

(2023/11/3 05:00)

「企業博物館には物語がある」。日本展示学会理事の粟津重光さんは、200カ所に及ぶ企業博物館を訪れている。その魅力は、一般の博物館では特別企画の学芸員解説でもなければ味わえないという。

自身、象印マホービンの「まほうびん記念館」を立ち上げ、2008年から5年間館長を務めた。その間、約6000人が来館し、さまざまなステークホルダーとの対話で、自社の歴史が見事につながってくることを体感した。

そんな話に惹(ひ)かれ、セイコーミュージアム銀座を見学した。創業以来の製品が並び、時代背景とともに企業の歴史が説明される。見覚えある時計には、自らの思い出もよみがえる。時が深く刻みつけられたような気がする。

コロナ禍前に見学した京都の島津製作所創業記念資料館では、展示を通して近代の科学技術の発展が語られていた。その先端を追い続けるという企業精神が、ノーベル賞受賞者を輩出する土壌を培ったのではないか。当時、そう得心したことを思い出した。

共感を呼ぶ物語は企業文化を表す。取引先の理解、社員の帰属意識、就職先としての学生の認知を高めるブランディングになる。企業博物館には、そんな思いが詰まっている。

(2023/11/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン