産業春秋/円安是正は2025年か?

(2024/6/14 05:00)

バイデン米大統領とトランプ前大統領は、どう受け止めただろうか。米連邦準備制度理事会(FRB)が12日(現地時間)に発表した内容である。政策金利を7会合連続で据え置き、年内の利下げ回数も従来の3回から1回の想定に減らしている。

バイデン大統領の受け止め方は微妙だろう。米国は経済が底堅いが、低所得者は物価高に生活を直撃されている。11月の大統領選を控え、現職の大統領には看過できない問題だ。米FRBが物価抑制に軸足を置くのはプラスだが、2%目標が遠い。経済の軟着陸にも懸念が残る。

トランプ氏は早期の利下げを望んでいるのではないか。約34年ぶりの円安は、米国製造業にとって「大惨事」と訴えている。貿易不均衡の是正に向けて円安是正を求めており、今回の発表は不満かもしれない。

しばらく為替相場は円安基調で推移しそうだ。米国の政策金利は5・25―5・50%、日本は0―0・1%。日銀は7―10月にも追加利上げに動くとの観測があるが、日米金利差は直ちには縮まらない。

米FRBは年内の利下げ回数を減らしたものの、2025年は3回としていた利下げ回数を4回に修正した。25年には円安が是正に向かうと期待したい。

(2024/6/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン