【早読み特選】広島大と東工大、哺乳類型関節の4脚車輪ロボ開発 秒速3.3m達成

(2024/6/19 17:00)

広島大学提供

広島大学の貞井圭介大学院生と高木健教授、東京工業大学の遠藤玄教授は、4脚車輪型ロボット「ローラーウォーカー」を開発した。最高速度は秒速3・3メートル(時速12キロメートル)を達成した。広島大の調べでは哺乳類関節の機体で世界最速と見られるという。不整地は歩行、平地は車輪走行とエネルギー効率の高い移動ロボとして提案していく。

  • 開発した哺乳類型関節の4脚車輪型ロボ。不整地は歩行、平地は車輪走行

3次元(3D)プリンター製の部品を中心に哺乳類型関節の4脚ロボットを開発した。哺乳類型は関節がロールとピッチ方向の回転軸で構成され、上下軸回りに回転するヨー方向の関節がない。ロールとヨー方向の回転軸で構成される爬虫(はちゅう)類型関節なら足先にローラーを付けると走行できるが、哺乳類型は難しかった。

そこで足先にヨー方向に回転する受動輪を搭載した。回転軸を斜めに配置することで足を閉じたり開いたりするだけで推進力が得られる。体育館での実験では秒速3・3メートルまで加速できた。広大の調べでは世界最速になるという。

機体は11・3キログラムに軽量化した。駆動部に減速機を組み入れて出力を高めている。並進方向は足の開閉の振幅や周期で操縦し、回転方向は姿勢センサーの値から自動制御する。現在は止まれないが、転倒しても起き上がれる。

4脚車輪型ロボはアニメ作品「攻殻機動隊」で描かれるキャラクター「タチコマ」などがある。階段やがれきの上は4脚で障害物を避けながら歩き、屋内や舗装路などではタイヤで高速移動し、走破性とエネルギー効率の両立が期待されている。

(2024/6/19 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン