産業春秋/「選択的夫婦別姓」先送りできぬ 

(2024/6/24 05:00)

選択的夫婦別姓制度は「先送りのできない重要課題」。経団連ダイバーシティ推進委員会の魚谷雅彦委員長は日本記者クラブの会見で、あらためて早期実現を求めた。

経団連の提言に対し、岸田文雄首相は17日の衆院決算行政監視委員会で「指摘は重く受け止める」と述べたものの、「家族の一体感や子どもの利益にも関わる問題であり、国民の理解が重要だ」と慎重姿勢を崩さない。

現状、結婚により夫の姓を名乗るのが95%。ビジネスや研究の場で、結婚後に旧姓を使う女性は増えている。しかし契約や手続き、キャリア形成、海外渡航などで不利益を被ることがある。

世界経済フォーラムが発表したジェンダーギャップ指数2024によると、日本は146カ国中118位にとどまる。早期に制度が改まらなければ、経団連が掲げる30年に女性役員比率30%以上の目標も達成は遠のく。

社会の多様性と人口減少により、女性の活躍がなければ発展はおぼつかない時代になった。単に女性の頑張りに期待するのではない。社会は男女が共同でつくるものと認識し、行動してこそ実が生まれる。制度変更はその端緒だ。29日まで続く男女共同参画週間で女性活躍について深く考えたい。

(2024/6/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン