[ 中小・ベンチャー ]

震災5年/被災地の中堅・中小(1)労働力確保 外国人活用 技術を習熟

(2016/3/3 05:00)

東日本大震災からまもなく5年を迎える。大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県では、中小企業再興や新産業育成、社会インフラの整備が進む。すべてを失ったかに見えたあの日から1800日余―。被災地の産業はたくましく復興の道を歩んでいる。ただ、労働力不足や福島県での原発事故の影響は解消されていない。課題を乗り越え、復興から自律成長へとかじを切る被災地の今を追った。

宮城県気仙沼市の沿岸部に本社があった雪ヶ谷精密工業。津波で壊滅的な被害を受けたが、2014年に市内山間部で新工場を建設し復興を成し遂げた。

生産再開後は震災前の受注残を消化しつつ復興を軌道に乗せた。しかし今、主力の耳鼻科向け医療用いすの出荷は横ばい。「金属加工など自社技術を生かした新ビジネス創出が欠かせない」と菊田芳政専務は強調する。

【若手取り合い】

ただ、足かせとなるのが労働力不足だ。同社の従業員は約20人と震災前の水準に...

(残り:606文字/本文:1,006文字)

(2016/3/3 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン