[ 科学技術・大学 ]

【熊本地震】複数回地震の建築耐性設計必要−防災学術連携体が見解【FREE】

(2016/4/19 05:00)

  • 熊本県などで発生した地震について会見する防災学術連携体

防災や災害復興に関わる50の学会が参画するネットワーク「防災学術連携体」は18日、熊本県などで14日以降に発生した地震に対する各学会の見解を発表した。日本地震学会の加藤照之会長は地震発生の背景として、九州北部はフィリピン海プレートによる圧縮で北西方向に、九州南部は沖縄トラフの拡大により南東方向に力がかかっていることなどを説明した。

また防災学術連携体の和田章代表幹事は「日本の耐震設計は1回の大きな地震が襲う場合しか考えていない」と、複数回の地震にも耐えられる建築設計の必要性を強調。日本地すべり学会の落合博貴副会長は地震による斜面災害について、熊本県南阿蘇村では7日に103・5ミリメートルの降雨があり、斜面の地下水が豊富だった可能性に言及した。

(2016/4/19 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる