[ エレクトロニクス ]

富士電機、IoT向けFA機器提案強化-18年度売上高、倍増の300億円に

(2016/7/26 05:00)

  • 位置制御FAシステムの接続イメージ

富士電機は、位置制御用の工場自動化(FA)機器で、IoT(モノのインターネット)対応製品のシステム提案を始める。通信機能を高めるなどIoTに対応したプログラマブルロジックコントローラー(PLC)やサーボ、インバーター、モーターなど一連の製品を2016年度内にも投入する。18年度にIoT関連を含むFA機器の売上高を15年度比倍増の300億円に引き上げ、三菱電機や安川電機を追う。

富士電機は、工場内クレーンなど搬送装置の位置制御機能を担うFA機器の企画・設計を統括する専門部署「モーション・FA部」を設置した。子会社などを含め同社グループ内で分散していた製品を統合し、付加価値を高めたシステムとして顧客に提案する。

8月に鈴鹿工場(三重県鈴鹿市)に新設する研究開発施設「パワエレテクニカルセンター」の一角に、業種別にデモ機器を用意し、組立工場やプラント、物流施設などの分野で需要を開拓。地域別では、省力化ニーズの高まる中国などを重点的に攻略する。

富士電機は、低圧インバーターで国内シェア2位を占めるなど各製品で一定の競争力を有している。

これまでFA分野では各製品ごとに開発や営業の戦略を練っており、システム提案が弱かった。

自動車やデジタル機器の新製品投入サイクルが短くなっており、生産工程の見直しが頻繁になっている。さらにIoTの本格普及を前に工場や物流の現場では、生産ラインの構築などの負担が増しており、機器メーカーにシステム提案を求めるケースが増えている。

(2016/7/26 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる