[ 自動車・輸送機 ]

三菱重工、造船事業で提携−今治造・名村造などと協議

(2016/8/31 05:00)

三菱重工業は30日、商船事業で今治造船、大島造船所、名村造船所と提携に向けた協議に入ったと発表した。三菱重工の持つ造船技術と3社の製造能力を組み合わせ、開発力の強化やコストダウンを図る。“日本連合”でグローバル競争力を高め、世界2強の中国・韓国を追撃する。

各社との提携内容は詳細が決まった段階で改めて公表する方針だが、新造船の環境規制への対応や建造能力向上に向けた提携などを視野に入れる。

三菱重工は2015年10月に長崎造船所の商船事業体制を再編した。同事業を船体ブロック製造専業会社と、液化天然ガス(LNG)運搬船などを主体とする建造会社の2社に承継。赤字体質からの脱却を目指している。

今回の造船専業3社との提携で、グローバルなコスト競争力を強化。同様に商船を手がける下関造船所を含む商船全体の構造改革を加速する。

併せて、新たな造船技術の確立や人材育成を目的とした技術センターの設立も検討する。関連各社に参加を呼びかけて、日本の造船業の存在感を高めていく。

15年度までに大規模損失を出した客船事業の存続については、社内の評価委員会でとりまとめに入っており、10月をめどに公表することを明らかにした。

(2016/8/31 05:00)

関連リンク

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる