[ エレクトロニクス ]

京セラ、子会社の吸収合併を加速−山口悟郎社長「チャンスを生かしやすくなった」

(2016/10/24 05:00)

京セラが2016年に入り、子会社の本体への吸収合併を加速している。有機パッケージ基板の京セラサーキットソリューションズ、有機材料の京セラケミカル、パワー半導体の日本インターなどがそれだ。加えて、子会社同士の合併も立て続けに決断。組織体制の見直しは車載やスマートフォン向けなど各展開の強化にどうつながるのか。戦略を山口悟郎社長に聞いた。

◇   ◇

―子会社を本体に取り込む狙いは。

「当社の『アメーバ経営』を子会社でも実施しているが、実際には本体と温度差がある。考え方を合わせて経営スピードを強化することなどが狙いだ。例えば4月に取り込んだ京セラケミカルは、有機材料そのものを扱う唯一の事業体だった。だが事業規模が小さかったため大規模な投資が難しかった。吸収合併により半導体部品の事業本部に組み込んだことで、チャンスを生かしやすくなった」

―車載向けの強化にどうつなげますか。

「自動運転技...

(残り:643文字/本文:1,043文字)

(2016/10/24 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

電機・電子部品・情報・通信のニュース一覧

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン