[ 医療・健康・食品 ]

インフルワクチンが錠剤に 日東電工、20年にも製品化

(2016/11/8 05:00)

日東電工は錠剤タイプの季節性インフルエンザHAワクチン舌下錠の第1相臨床試験を開始した。阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)と共同で開発し、2020年以降の製品化を目指す。

同ワクチンは舌下に投与し唾液で溶ける錠剤タイプで、常温で保管できる。体内に侵入したウイルスを撃退するだけでなく、注射で投入するワクチンにはないウイルスの侵入自体を防ぐ効果が期待される。

ワクチンの基礎研究は09年から大阪大学免疫学フロンティア研究センターの審良静男教授の協力を得て進めてきた。日東電工は医薬品事業を成長事業に位置づけ、特に核酸医薬の受託合成が好調に推移している。

(2016/11/8 05:00)

関連リンク

ヘルスケアのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる