[ ロボット ]

阪大など、脳波に合わせ作曲するAI技術−音楽療法など提案

(2017/2/3 05:00)

  • ヘッドホン型脳波計を着けて感情などを推定し、脳を活性化するような曲を合成する(阪大提供)

大阪大学の沼尾正行教授と東京都市大学の大谷紀子教授らは、クリムゾンテクノロジー(東京都世田谷区)とベルギーの研究機関「imec」と共同で、脳波に合わせて音楽を作曲する人工知能(AI)技術を開発した。ヘッドホン型脳波計で感情などを推定し、精神状態を活性化するよう楽曲を合成する。音楽療法や睡眠の質改善などに提案。5年程度での実用化を目指す。

まずユーザーに複数の楽曲を聴いてもらい、脳波パターンをヘッドホン型脳波計で計測する。活動パターンから快・不快や覚醒度、感情などを推定し、楽曲のメロディーやコードなどの構成要素と対応させ、脳が活性化する曲を作る。

この楽曲生成にAI技術の遺伝的アルゴリズムを使った。ある程度ランダムにアレンジした楽曲を聴いてもらい脳を活性化する曲を絞り込む。クラシックやポップスなどジャンルを問わずに曲を生成できるため、普段よく聞くジャンルの曲を脳の活性化に使える。今後、脳波応答にリアルタイムで作曲するAIを目指す。

(2017/2/3 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン