[ 医療・健康・食品 ]

加齢臭、コエンザイムQ10で抑制−資生堂が効果確認

(2017/4/11 05:00)

【体臭ケアに知見活用】

  • コエンザイムQ10に体内から発生する加齢臭の原因物質を抑える働きがあることが実験でわかった(皮膚の成分を分析)

資生堂は栄養補助食品といったサプリメントなどに用いられる成分の「コエンザイム(Co)Q10」に、年を重ねることで出る体臭「加齢臭」を抑制する効果があることを世界で初めて発見した。コエンザイムQ10は体の活力を阻害する“さび”の原因となる酸化の反応に対抗する成分として、食品や化粧品などに配合されている。体内から放出される加齢臭の原因物質を抑える働きがある。同社はこの知見が、新たな体臭ケアの方法として役立つと見ている。

資生堂はコエンザイムQ10を継続して摂取することにより、体内から出る加齢臭の原因物質が減少して、体臭が抑えられるとしている。加齢臭は体臭の一つで、体の表面の皮脂が年を重ねるに伴い酸化して発生することが知られている。

今回、資生堂はこの加齢臭の原因物質「ノネナール」が体の表面だけでなく、体内からも発生していることを解き明かした。そこで、高い抗酸化作用を持つコエンザイムQ10に着目し、続けて摂取することで体内から放出されるノネナールを減らせないかと想定。実験に取り組んだ。

65―74歳の健康な女性20人を対象に、皮膚から放出される複数の成分を検知する「皮膚ガス」の実験方法で検証した。この結果、コエンザイムQ10を毎日100ミリグラム、4週間摂取したグループは、体内から放出されるノネナールの濃度が摂取前と比べて2―3割減少した。

コエンザイムQ10には体内で効果を発揮するまでに時間がかかるものの価格が廉価な「酸化型」と、即効性のある「還元型」の2種類がある。どちらを摂取した場合もノネナールが著しく減少する効果があった。コエンザイムQ10の加齢臭抑制効果について、勝山雅子研究員は「男女両方に効果ある」としている。

(2017/4/11 05:00)

関連リンク

建設・エネルギー・生活2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる