[ 科学技術・大学 ]

琉球大が泡盛とレトルトカレー 地元企業と商品化

(2017/4/14 05:00)

  • 開発した泡盛㊧とレトルトカレー

琉球大学は学内シーズを使い、大学名を冠した泡盛「琉球大学の泡盛」とレトルトカレー「琉球大学ロマン」を開発した。大学ブランド商品として産学連携による開発を資金面で支援し、学生が企画開発に参加した。県内経済の活性化や産業振興を狙う。

今回の取り組みは学内公募によって初めて実施した。泡盛は農学部の外山博英教授とバイオジェット(沖縄県うるま市)、石川酒造場(同西原町)が開発した。華やかでフルーティーな風味に仕上がる独自の新たな酵母を用いた。伝統的な「甕(かめ)仕込み」で醸造、貯蔵するなど新旧技術を組み合わせた。

カレーは本村恵二教授と人気カレー店、あじとや(同北谷町)が手がけた。機能性の高い春ウコンをルーに使用。普通味の「基礎課程」と辛口の「応用課程」の2種類をそろえ、海外展開も視野に入れる。

泡盛は夏ごろの商品化を目指す。カレーは5月に発売予定。いずれも商標は大学が保有する。(那覇)

(2017/4/14 05:00)

関連リンク

中小企業・地域経済2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン