[ 機械 ]

阪大などがマルチカラーレーザーコーティング装置 被膜加工品質を向上

(2017/4/18 05:00)

  • 青色と近赤外線の両レーザーを搭載したマルチレーザーコーティング装置

大阪大学接合科学研究所の塚本雅裕准教授と石川県工業試験場、村谷機械製作所(金沢市)は、青色と近赤外線の異なる半導体レーザーを搭載した「マルチカラーレーザーコーティング装置」を完成した。純銅粉末とアルミニウム基板など、原料と基板のそれぞれに適したレーザー光を照射することで、効率的な加熱を実現でき、被膜加工品質の向上が見込めるという。

マルチカラーレーザーコーティング装置には島津製作所、日亜化学工業と共同で開発した出力100ワット級の高輝度青色半導体レーザーモジュールを2台搭載。出力50ワット級の近赤外線半導体レーザーモジュール4台と組み合わせて、合計400ワットの波長の異なるレーザー光を出力できる。

レーザーコーティングでは、原料の粉末や基板を、それぞれ適切に加熱することが重要とされる。青色半導体レーザーは波長が450ナノメートル(ナノは10億分の1)。近赤外光に比べて銅で6倍、ニッケルで1・5倍、炭素鋼で3割高い吸収率が得られる。材料の特性に応じて、最適なレーザー光を選べる同様のコーティング装置はこれまでなかった。

内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)革新的設計生産技術で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の管理の下、同装置の開発を進めた。19日から横浜市西区のパシフィコ横浜で開催される展示会「レーザーEXPO」で実機を披露する。

(2017/4/18 05:00)

関連リンク

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる