[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説付き)

(2017/5/2 05:00)

■アクセスランキング・ベスト10(4/24~4/30)

1位 ファナック、茨城に産ロボ新工場 630億円投資

2位 東芝、半導体移管に遅れ 米WDの合意得られず

3位 ヤマハ発、農薬散布ドローン開発へ やまびこと業務提携

4位 【知財特集】製造業における知財戦略の事例

5位 【電子版】新型iPhoneへの有機EL採用で出光に脚光、事業多角化が寄与

6位 中小の事業承継に補助金 企業庁が新設、来月公募

7位 三菱重工、今秋から「777X」胴体部品を生産 広島に混流ライン

8位 深層断面/東芝、再建か解体か 分社化・メモリー売却で背水の陣

9位 特許庁、IoT審査の専門チーム発足 知財対応で世界をリード

10位 南海トラフ・根室、震度6弱以上の確率微増-17年版地震予測地図

■解説:【電子版】新型iPhoneへの有機EL採用で出光に脚光、事業多角化が寄与(4/24)

 今年で10周年を迎えるiPhone(アイフォーン)の次期モデルのデザインを巡って、アップル周辺が騒がしくなってきた。秋に発売されると見られる新モデルは有機ELディスプレーの採用が噂され、画面がカーブしているとの話もある。とはいえ有機ELディスプレーでエッジが曲面のスマートフォンではサムスン電子の「ギャラクシー」が先行。アップルとしてはスマホで激しく争い、意匠の特許侵害をめぐって法廷闘争まで繰り広げたサムスンから本音では調達したくはないだろう。

 実際、アップルは15年4月に登場したアップルウオッチで韓国・LG電子製の有機ELディスプレーを使っているものの、アイフォーン向けに有機ELパネルを大量供給できるのはほぼサムスンのみという事情がある。一方で、アップルが自社開発しアイフォーン7に搭載されているマイクロプロセッサー「A10」の製造委託先は、同じような理由でそれまで製造にかかわっていたサムスンが外され、台湾TSMCがほぼ独占的に請け負っているとされる。

 同じような変更が有機ELディスプレーで起こらないとも限らず、日本企業にも有機ELでアップルに食い込むチャンスが巡ってくるかもしれない。いずれにしてもアイフォーンは部材の調達量がずば抜けて多いだけに、部材・部品そのものや調達先の変更はサプライヤーの命運にも直結する。ただし、取引額は大きいかもしれないが、アップルのリンゴは思ったほど甘くない点に要注意だ。

(2017/5/2 05:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる