[ トピックス ]

深層断面/理研・産総研・物材機構、産学連携モデル三者三様 技術開発と事業化並行

(2017/6/2 05:00)

  • 連携を呼び込む仕組み作りと、研究成果に価値を加える部分で、3法人独特の取り組みを構築する(産総研つくば本部棟)

特定国立研究開発法人の理化学研究所と産業技術総合研究所、物質・材料研究機構が三者三様の産学連携戦略を描いている。基礎に強い理研は幅広く投資を集めるため外郭法人を構想。産業界に近い産総研は研究所内に企業のラボを受け入れる。この中間に当たる物材機構は特定の業界専門の中央研究所として振る舞う。3法人の取り組みは日本の産学連携のモデルになる。(小寺貴之)

物材機構/素材開発の司令塔−業界横断で課題解決

政府は産学連携を、研究機関と企業が組織同士で契約する組織連携に高める戦略を掲げる。

技術と事業を同時並行で開発すれば、研究から社会実装までのイノベーションの確率は高まる。知財や共同研究を産業界に売り込む技術営業や、研究計画の進捗(しんちょく)管理など、組織連携に必要な機能は3法人共通だ。違うのは連携...

(残り:2,299文字/本文:2,699文字)

(2017/6/2 05:00)

PR

深層断面のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる