[ 地域経済 ]

川崎の国際戦略拠点に世界初の“水素ホテル” 昭和電工がエネ供給、来春開業へ

(2017/6/7 05:00)

川崎市は川崎市川崎区殿町エリアのオープンイノベーション拠点「キングスカイフロント」に、使用済みプラスチック由来の低炭素水素を利用する世界初の“水素ホテル”を建設する。昭和電工川崎事業所(川崎市川崎区)がプラスチックを原料に生産した水素をエネルギー源とし、ホテルの電気や熱エネルギーの30%分を補う予定。同地域を訪れた研究者にホテルを提供する。

ホテルは東急ホテルズが運営する「東急REIホテル=完成予想図」。5階建てで敷地面積約9200平方メートル、延べ床面積約7530平方メートル。運営開始は2018年春頃を予定する。建設費用は非公表。

プラスチックから水素を取り出す昭和電工の「ケミカルリサイクル装置」は、750度―1400度Cの高温の炉内で砂嵐のような状態を作る。そこにプラスチックを投入すると炭素と水素のガスが発生する。同社は03年から取り出した水素と窒素を結びつけアンモニアを生成していたが、今回は水素だけを取り出してパイプラインでホテルに送る。

(横浜)

(2017/6/7 05:00)

関連リンク

中小企業・地域経済2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる