[ 機械 ]

MF―Tokyo2017/インタビュー(3)ヤマザキマザック・中西正純氏

(2017/6/15 05:00)

  • ヤマザキマザック・中西正純氏

【ヤマザキマザック常務執行役員営業本部本部長】

―レーザー加工機市場では二酸化炭素(CO2)式からファイバー式への移行が進んでいます。対応は。

「今回、CO2機のロングセラー機『SUPERTURBO―X』をファイバー機に転換した機種を出展する。CO2機とサイズなど仕様が同じなので、既存の生産ラインを変えずに更新できる。日本ではまだCO2機が多く使われており、ファイバー機の潜在需要が大きい。エネルギー変換効率が高い点、メンテナンス費用を大幅削減できる点など、ファイバー機のメリットを伝えて移行を提案する」

―CO2機をどう位置付けていますか。

「欧米ではファイバー機の比率が7割ほどに達しており、主流になっている。大量生産する顧客が多く、効率の高さなどを生かせるため、そこまで普及したのだろう。一方、日本ではファイバー機が増えているものの比率はまだ3割ほど。当社としては引き続きCO2機も重要視する」

―展示会では、どんなCO2機をアピールしますか。

「トラックやバスの車台、半導体製造装置の筐(きょう)体などに使われる大型のパイプや形鋼を切断できる機種『3D FABRIGEAR400III』が目玉だ。パイプを斜め方向から切断するなど、他社にはできない加工技術がある。競合はイタリアのメーカーだ」

―ファイバー機よりも優れた次世代レーザー技術を採用した新製品も製品化しました。

「ダイレクト・ダイオード・レーザー(DDL)を採用した新機種『OPTIPLEX 3015 DDL』だ。競合はまだDDL式を製品化していない。ファイバー機よりもレーザーの反射率が低いので、銅やアルミニウムなど切断しづらい金属に最適だ。薄板を高速切断することもできる。エネルギー変換効率はCO2機と比べ4―5倍と高い。メンテナンスも簡単と良いことずくめだが、導入費用が高いことがネック。ただ、受注は順調にできている」

【記者の目/幅広い製品構成が強み】

CO2機からファイバー機への更新を提案しつつ、CO2機の根強い需要も計算に入れている。一方で、ファイバー機を上回る性能のDDL機を他社に先駆けて投入した。ファイバー機の次を担うDDL機を擁するのは大きな強みだ。現状、次、そして将来まで幅広くカバーする製品構成を生かし、多様な需要に応える。(名古屋・戸村智幸)

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/6/15 05:00)

関連リンク

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる