[ 科学技術・大学 ]

東大の超小型衛星「エッグ」、大気圏再突入に成功 “布の傘”活躍

(2017/6/26 05:00)

  • 展開前のエッグ(左)と展開後の傘

東京大学大学院新領域創成科学研究科の鈴木宏二郎教授らが開発した超小型衛星「EGG」(エッグ)が、大気圏再突入の飛行実験に成功した。特殊な布を傘状に開き、再突入時の超高熱を防いだ。通信ネットワークを使う低コストな衛星の運用をはじめ、超小型衛星が宇宙からモノを持ち帰る新サービスや、超小型着陸機による低コストな惑星探査につなげていく。

エッグは1月16日に国際宇宙ステーション(ISS)から軌道に投入。翌日には米国のイリジウム衛星との通信実証実験に成功した。衛星の通信システムだけで運用できる人工衛星は世界で初めて。従来は地上局との通信が必要だった。118日間の飛行後、5月15日に大気圏へ再突入して焼失した。

研究グループは今回の成果を、後継の超小型衛星「スーパーEGG」の開発につなげる考え。衛星の動きを制御できるようにするほか、耐熱性などを強化する。鈴木教授は「超小型のスラスター(推進装置)を積みたい」としている。

日本大学生産工学部の今村宰准教授、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の山田和彦准教授との共同研究。

エッグは耐熱性の柔らかい布をガスで膨らませると、ブレーキの役割を担うキノコのような傘が開く。展開前の大きさは11センチ×11センチ×34センチメートル。重さ4キログラム。

(2017/6/26 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる