[ 科学技術・大学 ]

膵臓がん早期検診法開発へ、国立がん研が来月臨床研究

(2017/6/28 05:00)

  • (国立がん研究センター研究所 発表資料)

国立がん研究センター研究所の本田一文ユニット長らは、膵臓(すいぞう)がんを早期発見する検診法を開発するため、鹿児島県の施設で臨床研究を7月から始める。50歳以上の男女合わせ5000―1万人を対象に、血液によるバイオマーカー(生体指標)検査と精密検査を組み合わせ、血液検査の結果からどの程度実際のがんを見つけられるかを調べる。

鹿児島県民総合保健センターが鹿児島県で行う地域の健康診断や人間ドックなどで実施する。日本対がん協会や鹿児島市立病院、鹿児島大学、横浜市立大学、神戸大学などが共同で取り組む。期間は17年7月―19年3月。今秋以降、鹿児島県以外にも実施地域を拡大する予定。

検診では一人当たり7ミリリットルの血液を採取し、膵臓がんの目印となる血液中の5種類のたんぱく質「アポリポプロテインA2アイソフォーム」の濃度のバランスを分析する。

この検査結果で異常値を示した被験者には病院でコンピューター断層撮影(CT)検査を受けてもらい、膵臓がんのリスクのある疾患や早期の膵臓がんが血液検査によって見つかる検出率を調べていく。

膵臓がんは早期発見が難しい難治性がん。採血での検診法が確立すれば死亡率の低下が期待できる。

(2017/6/28 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる