[ ロボット ]

東亜利根ボーリングなど、低騒音の自動ボーリングマシン開発

(2017/7/5 05:00)

  • NEDOの支援事業で技術を開発した

東亜利根ボーリング(東京都港区、伊藤春彦社長、03・5775・3321)は、自動ボーリングマシン「ソニックNEO」を開発した。ボーリング時に自動でロッドを継ぎ足し掘削していく。騒音を抑制したため騒音対策を軽減でき、都市部では掘削力を2倍程度に高められる。地中熱利用システムの施工に提案していく。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援事業で技術を開発した。ボーリングマシンの走行や姿勢制御を遠隔操縦でき、掘削時のロッド供給を自動化した。作業人員を減らせる。さらに従来機に比べ掘削作業音を10デシベル、エンジン音を11デシベル低減。騒音対策が軽減でき、実質的な掘削力が倍増する。今後、人工知能(AI)技術を応用し、土質に応じて掘削パラメーターを調整する自動化技術を開発する。

(2017/7/5 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる