[ 機械 ]

榎本機工、CFRTPシートを毎秒100mm以上成形できる新型プレス

(2017/7/11 05:00)

  • 車や航空機部品メーカーなどに売り込む(160RES型)

【相模原】榎本機工(相模原市緑区、榎本良夫社長、042・782・2842)は、炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)のプリプレグシートを高速成形できるサーボ駆動式スクリュープレス「160RES型」を発売した。ラム速度は毎秒100ミリメートル以上で短時間の成形が可能。プレス能力160―1000トンの4機種のラインアップ。価格は3000万円(消費税抜き)から。航空機・自動車部品メーカーを中心に発売後の1年間で5台程度の販売を見込む。

新型プレス機は、CFRTPのプリプレグシートを加熱装置で溶融点近くまで加熱し、比較的低温に余熱した上下の金型間にロボットで搬送して成形する。下死点では、クッション装置と特殊停止装置により成形後のシートを瞬間保持し、低温に保たれた金型により、一気に冷却する。

ワーク(加工対象物)への加圧と冷却の時間を短縮できるため「高速成形を実現できる」(榎本社長)としている。こうした特徴を生かし、CFRTPシートの成形における生産性向上を求める自動車や航空機の部品メーカーなどに新型プレスを売り込む。

スクリュープレスはクランク機構や油圧機工と比べてラム速度が高速で、下死点がない特徴があるため、成形のフレキシブルなプログラムが可能。サーボ駆動式なので高速成形時でも成形スピードを容易に調整できる。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/7/11 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる