[ 機械 ]

【電子版】MF-Tokyoの「コマ大戦ねじ屋場所」、大阪のマツダが優勝(動画あり)

(2017/7/15 23:00)

  • ねじ屋場所決勝戦での山下精工(左)とマツダチームB

  • マツダチームBのコマは、材料に銅タングステンを使って100グラムを超す重さにしたことと、外周の突起が破壊力を生み、優勝を手にした

日本ねじ工業協会(東京都港区、椿省一郎会長=互省製作所社長、03・3434・5831)は15日、「全日本製造業コマ大戦特別ねじ屋場所」を、東京ビッグサイト(東京都江東区)の「MF―Tokyo 2017」の会場で開催した。国内のネジメーカーなど10チームが参戦し、冷間圧造用金型などを手がけるマツダ(大阪市城東区)チームBが頂点に輝いた。同社は15年に開かれた第1回ねじ屋場所でも優勝しており、2連覇となった。

マツダチームBは、外周に突起を設けて相手をはじき飛ばす“飛ばし系コマ”で参戦。銅タングステンを素材とし、重さ100グラム超の重量級コマに仕上げ、対戦相手を次々と土俵外に押しやった。決勝戦では、同じく“飛ばし系”で臨んだ山下精工(山梨県山梨市)の動きを、威力で封じた。マツダチームBで投げ手を務めた石橋雅大さんは「まさか優勝するとは思わなかった」と恐縮していた。

ねじ屋場所は、15年のMF―Tokyoでの同協会ブースで開催し、今回が2回目。同協会の藤田守彦副会長(藤田螺子工業常務)は「協会会員に大戦参加社が多かった上、ブースにも興味を持ってもらおうと開催することにした。今回は前回より観客が多かったと思う」とし、次回の開催可能性もありうるとした。

コマ大戦は、直径2センチメートル、高さ6センチメートル以内の自作のコマを、直径25センチメートルの土俵上で競わせる競技。12年に横浜市で発祥して以降、国内外で開催されており、参加者は中小企業から大手企業、工業高校や大学など多岐にわたる。中小企業の情報発信や参加社同士の仕事の融通、企業と学生の人材マッチングなどあらゆる面で効果を示している。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/7/15 23:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる