[ 化学・金属・繊維 ]

帝人と大阪市大、「スマート消防服」開発 隊員の熱中症予防

(2017/10/3 05:00)

帝人と大阪市立大学は2日、名刺サイズの温度センサーを内蔵し、消火作業中の消防隊員の熱中症を予防する「スマート消防服=写真」を業界で初めて開発したと発表した。同センサーが防火服内の温度を計測し、大阪市大が発見した「熱中症と関係性の高い体内部の温度(深部体温)との相関性」を使い、深部体温を予測する。

熱中症の危険性が高まっている場合は警告を与える仕組み。実証実験を重ね、2019年内の実用化を目指す。

帝人は消防服向けに高い強度や耐熱性を持つアラミド繊維を販売しており、独自のシステムを開発し繊維の販促につなげる。

熱中症は深部体温が39・5度C以上になると脳機能障害を引き起こし、重症化する可能性がある。警報は消火中の隊員の統率役が持つモニターに表示されるほか、防火服の一部が光り隊員に直接知らせる方法も検討する。

(2017/10/3 05:00)

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン