[ 科学技術・大学 ]

「重力波」観測にノーベル物理学賞、一般相対性理論を裏付け

(2017/10/4 05:00)

  • 米重力波望遠鏡「ライゴ」(カリフォルニア工科大学/MIT/LIGO Lab提供)

スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2017年のノーベル物理学賞を「重力波」の直接観測に成功した米マサチューセッツ工科大学のレイナー・ワイス名誉教授(85)と米カリフォルニア工科大学のバリー・バリッシュ名誉教授(81)、同大のキップ・ソーン名誉教授(77)の3氏に贈ると発表した。受賞理由は「LIGO検出器開発と重力波観測への貢献」。観測から約2年という異例のスピード受賞になる。

15年9月、両大学が共同運営する米重力波望遠鏡LIGO(ライゴ)を使った観測チームが、二つのブラックホールの合体によって生じた重力波を検出。16年2月に発表した。

検出したのは、約13億年前にブラックホールが合体した瞬間に発生した重力波とみられている。それまで間接的な証拠は見つかっていたが、重力波の直接検出は初めてだった。微弱な信号のため観測が難しく、日米欧のグループが初観測を競っていた。その後、17年9月までにさらに3度の観測に成功した。

重力波の存在は1世紀前にアルバート・アインシュタインが一般相対性理論から予言したため「アインシュタインからの最後の宿題」といわれていた。重力波の観測により、一般相対性理論の正しさが改めて証明された。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)はワイス名誉教授が2分の1、バリッシュ名誉教授とソーン名誉教授がそれぞれ4分の1を受ける。

3氏とともにチームを率いた米カリフォルニア工科大のロナルド・ドレーバー名誉教授は3月に死去した。

(2017/10/4 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる