[ 科学技術・大学 ]

「重力波」にノーベル賞−東大・梶田氏、宇宙の仕組み 解明に貢献したい

(2017/10/4 05:00)

  • 「非常に興奮している」と梶田氏

重力波の初検出で米の3人の研究者がノーベル物理学賞を受賞することを受け、2015年に同賞を受賞した東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長らが3日に東京・本郷の東大本郷キャンパスで会見した。梶田所長は「重力波で検出したのはまだ4例だけ。観測を通じ、宇宙の仕組みの解明に貢献したい」と述べた。

重力波の初検出には東大などの日本の研究者も貢献している。また、梶田所長は日本の重力波検出器「KAGRA」(かぐら)のプロジェクトの代表研究者に就いている。

梶田所長は受賞の報を聞き、「非常に興奮している」としつつ、「重力波の謎を解明していくとまた新たな謎が生まれる。その謎を解明して宇宙の理解につなげたい」と18年に稼働するかぐらへの期待を述べた。

一方、前カナダLIGO(ライゴ)研究チーム代表者として初検出に関わった東大のキップ・カノン准教授は、「かつてのメンバーが受賞したことでひときわうれしい」と笑顔を見せた。

(2017/10/4 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる